スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit / --.--.-- / Comment: - / Trackback: - / PageTop↑

フェロー9

カテゴリ: ディフォルメカー

フェローも残りの細部を詰めます。
P1070607.jpg
ドアノブ、フェンダーミラー、エンブレム、ウインカーを付けました。
P1070608.jpg
リヤはヒンジやキーホール、マフラーを追加。
ピラーより奥まった位置にあるウインドウや丸みを帯びた角型のテールランプ、
同時代のヨーロッパ車のデザインに影響を受けたのか、与えたのか、、
このリヤのスタイルが個人的にはすごく好きです。
スポンサーサイト

Edit / 2013.06.30 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

デイトナクーペ7

カテゴリ: ディフォルメカー

デイトナクーペのライトを入れました。
P1070602.jpg
ドア、ボンネット周りのディテールも色々と追加しています。
P1070603.jpg P1070604.jpg
サイドのマフラーはプラ丸棒をライターで曲げて作りました。
表面の荒れやスジボリも修正しながら進めています。
タイヤ以外の形はほぼ出てきたかな

Edit / 2013.06.29 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

フルビア7

カテゴリ: ディフォルメカー

昨日はフルビアの細部を進めました。
前回作ったフロントの凹みの中を作ります。
P1070575.jpg P1070576.jpg
フルビアのヘッドライトは4灯です。
4つとも同じ大きさのバージョンと、外側のライトより内側が大きいものとがあるのですが、
前者でいくことにしました。
最初に内側を大きくしてみたのですが、ライトの幅に圧縮されて
フロントグリルが狭くなり過ぎたのでやり直しました。
ライトが前方にセリ出しているのが特徴だと思っていたのですが
資料を見ると全然そうでないものもあって、
悩んだ末に中間あたりを設定しました。これもディフォルメの塩梅という事で。
グリル部には細い縦の桟が2本あるのですが、よけいに幅の狭さが強調されるので省略しました。

P1070574.jpg
リヤはいかにも60年代な感じのデザインでとても好きです。
プラバン等でディテールを足していきます。


Edit / 2013.06.27 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

デイトナクーペ6

カテゴリ: ディフォルメカー

デイトナクーペのディテーリングを進めます。
P1070571.jpg P1070572.jpg P1070573.jpg
リヤスポイラーは削り込んで形を出しました。
基部のフランジの他にもボディの所々にリベットが並んでいるのですが、
細かすぎるので今回、この車では無しでいこうと思います。
テールランプは大昔に買ったFDSのウインカーパーツが形のサイズもぴったり。
やっと使うことができました。
付属の部品は多いので、まだまだ続きます。

Edit / 2013.06.24 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

デイトナクーペ5

カテゴリ: ディフォルメカー

デイトナクーペもディテール入れ開始です。
P1070569.jpg
ライトの位置がやっと決まって、窓枠やスジ彫りをこさえます。

P1070570.jpg
後ろからの鏡餅のような形の苦労しました。
リヤスポイラーはエポキシパテを盛り付けています。

Edit / 2013.06.22 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

フェロー8

カテゴリ: ディフォルメカー

フェローのフロント、リヤのディテールを進めます。
P1070566.jpg P1070568.jpg
昨日作ったフロントマスクの部品をボディにセットしました。
フェローの、どこか無表情な感じがうまく出たかな?
バンパー中央を削り、ナンバープレートを取り付けます。
ボンネットは左右が持ち上がり、中央の凹部も掘り込みました。
これで面構成が増えて、模型としての密度が上がったと思います。
三角窓のピラーをプラバン、ボディサイドのモールを真鍮線でこさえました。

P1070567.jpg
リヤ周りは、ピラーの凹みを掘って、プレート取り付け。
テールランプも接着しました。
フェローがかなり先行しましたが、他の2台も後を追います!

Edit / 2013.06.21 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

フェロー7

カテゴリ: ディフォルメカー

さて、昨日はフェローのフロント周りのディテール作りをしました。
P1070560.jpg
フロントグリルの彫り込みにぴったり入るベースをプラバンで作り、
ヘッドライトのリムを1ミリ角棒で組みます。

P1070563.jpg
リムに内側は斜めになっていますのでナイフで削ります。
角もアールをとってつなげます。

P1070564.jpg
グリル部のベースに目地入りのプラ材を薄く削って貼り、
その上に細~い横桟を接着しました。

P1070561.jpg P1070565.jpg
テールランプはプラバンで作って、周りに0.5ミリの銅線を巻きました。
左右の縁が上がっているのに気付いて、ボンネットの面構成をやり直しました。

Edit / 2013.06.20 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

フルビア6

カテゴリ: ディフォルメカー

今日はフルビアのフロントマスクを進めます。
ライト、グリルが収まる周囲に細い縁取りがあります。
ナイフで彫ってもいいんですが、今回は別の方法でいきます。

P1070550_20130619102724.jpg
まずはリューターで慎重に形を出しながら彫り込みます。

P1070551_20130619102726.jpg
0.4ミリのプラ帯を内側の面に沿って接着しました。

P1070559.jpg
接着剤が乾いたら、はみ出たプラ板をカットして整えます。
ボディ面よりほんの少しだけ出しました。
これで輪郭のスジ彫りもし易くなりました。

その下にある4つの長円、失敗しまくってます・・

Edit / 2013.06.19 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

フェロー6

カテゴリ: ディフォルメカー

フェローの窓枠、モールを付けました。
P1070554.jpg P1070555.jpg
初期の頃は金属線を使用することが多かったのですが、
最近はプラストラクトやエバーグリーンの各種プラ材で作ります。
結構、手でグイッと曲げられますし、接着も楽ですし。
でも無理に曲げた所に瞬間接着剤をつけると折れてしまうので要注意です。
前後のバンパーもエポキシパテで造形しました。
テールランプが付く位置は1ミリ上方向に修正しています。
だんだん形になってきました。。6月中に完成目標です。

Edit / 2013.06.13 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

F-1キット

カテゴリ: プラモデル

以前、エブロからロータス72Cのキットが出るって時に書きましたが、
本当にフジミからブラバムBT46ファンカーが出ましたね
そして今度はほんまにエブロからタイレル003が・・・
70年代F-1が極端に好きな私にとっては
ハセガワ312T以降のヒストリックF-1キットの連続発売は
もう、何かの冗談かと。

081127ty003.jpg
タミヤ1/12キットの箱絵、カッコいい~
J・スチュアート最高。DFVではないけれど、マトラも1/20で欲しいな~。

Edit / 2013.06.12 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

デイトナクーペ4

カテゴリ: ディフォルメカー

今回の3車種の内、一番難航しているデイトナクーペ。
P1070549.jpg
やっと基本のフォルムが整ってきました。
印象を決めるヘッドライトの掘り込み部を作ります。
リューターで削った凹みに、
P1070552.jpg
ポリパテを盛って、メンタムを塗ったアクリル丸棒を差し込みます。
P1070553.jpg P1070557.jpg
硬化したらスポッと抜いて、周りを造形し直しました。
まだ輪郭があまいので、もう一度やる予定です。


Edit / 2013.06.12 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

フルビア5

カテゴリ: ディフォルメカー

原型製作の時間と、その他の模型製作や事務仕事の配分に
悩みながら進めているここ最近。
全部自分でやる事の大変さを思い知る。

今日の午前はフルビアの窓周りを攻めました。
P1070546.jpg
前後とサイドの窓枠、モールをプラバン、プラ半丸棒でこさえました。

Edit / 2013.06.10 / Comment: 2 / Trackback: 0 / PageTop↑

フェロー5

カテゴリ: ディフォルメカー

このところ、暑くてたまりません。
まだ6月になったばかりなのに、この夏のりきれるだろうか・
夏になると、やっぱり年々体力が落ちてきてるのを実感します。
こう暑いと模型製作に集中できる時間も短くなるわな。

さて、今日はフェローのフェンダーを造形しました。
P1070540.jpg
いつも使用しているのはGSIクレオスのエポパPRO-H高密度タイプ。
削りやすさ抜群のエポキシパテです。
P1070539.jpg
先にタイヤが収まるスペースをリューター&ドラムサンダーで掘り込んでおき、
その縁に紐状にしたエポパを盛り付け、硬化後にナイフとヤスリで形を出します。
内側のラインは先に掘っていた形にあわせて削ればいいので簡単です。
全体を仕上げるにあたり、この後何回もサフ吹きと磨きをするので
この段階では表面は気にせずに粗いヤスリで形をしっかり出しておきます。

フェローのフェンダーはほとんど無いような細いものですが、
ネコワークスでは倍以上の印象になるように大げさに作ります。

Edit / 2013.06.05 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

デイトナクーペ3

カテゴリ: ディフォルメカー

さて、レジンになったデイトナクーペのボディですが、
よく見ると左右対称が全然でしたのでパテで大幅に調整・・
P1070541.jpg
同時にドアのラインや窓、ライト等のガイドになる大きなディテールを入れていきました。
P1070542.jpg
一番の難所のテールの面落ちも加工しましたが、やっぱり難しいです。

Edit / 2013.06.03 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

フェロー4

カテゴリ: ディフォルメカー

前の段階からあまり進んでいないのですが、
フェローの原型を詰めています。
P1070533.jpg P1070534.jpg
フロント、リヤのバンパーを付ける下準備としてボディを少し削っています。
微妙なエッジの扱いに苦労しています・・

Edit / 2013.06.02 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

フルビア4

カテゴリ: ディフォルメカー

現在、3台同時進行している原型ですが、
どれもなかなかに悩んでいます・・

フルビアのボディ基本フォルムは、微調整を繰り返して
もうこれで決めました。
次の段階としてフェンダーをエポキシパテで造形します。
P1070535.jpg P1070536.jpg
フロントマスクの掘り込みも形、大きさ共に変更してやり直しています。
リヤ面は掘り込まずに、周りに1ミリ半丸棒を接着しました。

P1070537.jpg
デイトナクーペは一次原型を型取りして、レジンに置き換えました。

Edit / 2013.06.01 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

nekoworks

Author:nekoworks
FC2ブログへようこそ!
モノ作りが大好きです。
主にディフォルメミニカーを作って、ガレージキットイベント等に「ネコワークス」というディーラー名で参加しています。キットのお問合せはメール inoue@nekoworks.com までお願いします。
仕事では「アームクラフト」で様々な模型を製作しています。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。