スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit / --.--.-- / Comment: - / Trackback: - / PageTop↑

RUSH

カテゴリ: 未分類

公開から一月ちかく経ってしまいましたが、
映画『RUSH/プライドと友情』を観てきました。
期待すればするほどギャップがあったら・・・と心配していましたが、
とても素晴らしい完成度でした。
私は特に70年代F-1が好きなのですが、今回のRUSHは
そんな個人的な思い入れがなくても十分楽しめる内容になっていると思います。

70年代のF-1というと、その頃日本では映像で見る事はまずありませんでした。
時々、事故が起こるとニュース等でクラッシュシーンのみ放映される程度。
小学生だった私はオートスポーツの記事や写真、タミヤの組立説明書で
世界中のグランプリを勝手に脳内構築して再生するという事をしていました。
プラモを眺めながら実況中継風に楽しんだりして・・
そんな自分だけのイメージに過ぎなかったハントとラウダのチャンピオン争いが、
当時の日本の子供には想像することができなかった人間ドラマとチーム間の背景までも
プラスされて大スクリーンで目の当たりにできるなんて。

マシンやサーキット、GPの雰囲気の表現も素晴らしい。
ドライバーもスーツやヘルメットだけでなく、風貌も似せていて面白い。
一瞬だったけどハラルド・アートルや高原敬武とか似ていたな。
ヨッヘン・マスはちょっと可愛いすぎるかな~
主役の二人は文句無し。ヘルメットかぶればもう本人に見えるほどでした。

レースシーンの出来も、古い車とサーキットの荒い感じがよく出ていました。
ニュルブルクリンクでのジャンプや、ハードに攻める時のカメラのブレが
臨場感アリアリ。

私はとても気に入りました。ベストF-1ムービーになりました。
そして、最もカッコエエフェラーリはやっぱり312T2だなと
スポンサーサイト

Edit / 2014.03.03 / Comment: 2 / Trackback: 0 / PageTop↑

Comment

僕も観ました

僕もRUSH観ました。F1の知識は殆ど無いんですが、それでも楽しめました。マシンやレースの駆け引きよりも2人のレーサー達のドラマを主眼に描かれていたのでF1素人の自分には楽しめましたね。特にラストのレースの結果を知らない自分は、結果がどうなるのか、ハラハラしながら観てました。
CSのディスカバリーチャンネルでラウルとハントのドキュメンタリー番組をやっていたので、そちらも観ました。
ラウルとラウル婦人と、彼らを演じている役者が、そっくりだったことに驚きました。
もっと評価されていい作品ですね。

[ 2014.03.04 23:02 | グラビアンスキー | URL | Edit ]

カーレースの映画はレースやクラッシュシーンの迫力を追及しがちですが、
RUSHは主人公のドラマを主体に置いたところがいい。
最後に本人たちの映像が使われていましたが、個人的にはあれは無くして
全部俳優だけで終わったほうがいいような気がしました。

もっと評価・・・日曜のレイトショーでしたが、観客は二人だけでした・・・

[ 2014.03.05 21:39 | ネコワークス | URL | Edit ]


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

nekoworks

Author:nekoworks
FC2ブログへようこそ!
モノ作りが大好きです。
主にディフォルメミニカーを作って、ガレージキットイベント等に「ネコワークス」というディーラー名で参加しています。キットのお問合せはメール inoue@nekoworks.com までお願いします。
仕事では「アームクラフト」で様々な模型を製作しています。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。