フィアット500月探査車ヴィネット3

カテゴリ: ディフォルメカー

さて、シーンは月面になるわけですが、
ディフォルメした車のボディを使った想像の探査車の横に
これまた等身を抑えた、そこそこディテールのある飛行士がいるという
なんともややこしい事になっているモデルにふさわしい表現は
どういったものか?

とりあえずスチレンボードを丸く切った上に
ラドールを盛り付け、タイヤと足跡をスタンプします。
DSCN4037.jpg
実際は足跡がくっきり残るような、
結構細かい砂?の堆積層が表面にあるように見えますので、
この粘土の上に直接、埃っぽい塗装をするのが
スケール的にも近いと思うのですが、
なんせ、ややこしい身ですし、少々オーバーさも欲しいので、
もう少し粗さを出す方向にします。
(塗装表現にも自信なかった…)

下地の塗装として、手持ちの缶スプレー
(サフ、シルバー、黒鉄色、マホガニー、ライトサンド等)を
距離をとって、粒子を散らすように適当に吹きます。
DSCN4057.jpg
下地として吹きましたが、断面の色としてそのまま使用しています。

所々に小石をボンドで接着してから、
DSCN4060.jpg
鉄道模型用のバラスト(細)を撒きました。
DSCN4061.jpg
うーん、荒くなり過ぎたかも…
上から目止めも考えましたが、
これはこれでマンガ的世界感にマッチしてるかも。と思うことにします。
DSCN4064.jpg
DSCN4065.jpg
またまた、先ほどのスプレーを使って同様に塗装。
メタリック色を適度に使って、若干キラキラした感じを出しました。
この後、ウェザリングカラーで調子を付けて単調さをカバーします。

Edit / 2018.01.26 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

フィアット500月面探査車ヴィネット2

カテゴリ: ディフォルメカー

この作品のもう一人の主役、宇宙飛行士です。
最初の案は、探査車のルーフハッチから身を乗り出して
宇宙の星を眺めているというものでしたが、
作業アーム的なものを屋根上周辺に付けたいと思い、
車と並んで移動中のシーンに変更。

ちょうどガチャガチャで、コップのフチ子さんの宇宙飛行士バージョンがあったので
改造して使用することにしました。
DSCN4014.jpg
まあ、製品の特性上、変なポーズをしていますので、
DSCN4015.jpg
超音波カッターでバラし、各部を短くカット、
若干ディフォルメされたバランスに再構成します。
DSCN4032.jpg DSCN4033.jpg
皺のおかげで再接着しても継ぎ目があまり分からず助かりました。
どうしても足らない部分はエポキシパテで充填。
DSCN4035.jpg
元々、割と凝った造形の商品でしたので、
いい具合にセミリアルな感じの仕上がりになりました。
ただ読みが外れて、ディフォルメしてもサイズが少し大きい…

…探査車の設定は軽装の宇宙飛行士一人乗りとします!


Edit / 2018.01.25 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

フィアット500月面探査車ヴィネット1

カテゴリ: ディフォルメカー

ツイッターでその都度アップしていますが、
行程を整理して書こうと思います。

バンダイのメカコレは好きでよく買っておるのですが、
中でもドラゴンボールシリーズがお気に入りです。
その中の一つ、ウーロンのロードバギーを開けて見ていると、
タイヤのサイズがネコワークスの車に近い事に気づきました。
実際比べてみるとサイズは少し大きかったのですが
瞬間、ひらめいて、フィアット500との組み合わせで
月面探査ローバーのようなものが出来るかも。と、
改造を始めました。
DSCN3790.jpg
ボディを下から彫り、バギーの上半分をはめ込む形にします。
DSCN3967.jpg
ポリパテでサイド中央部を下方向に延長し、
デザインのポイントとして大きな真円のスジ彫りを施しました。
フロントウインドウからボンネットにかけても形状を変更し、
チンクっぽいけどちょっと違うラインを狙っています。
昔、マシーネンクリーガーのフリーゲを改造した時に余った
キャノピーパーツをフロントウインドウに使います。
DSCN3966.jpg
後方は窓を埋め、ツルっとした造形にして
荷台のような、ロールバー的流用パーツをセット。
バギーとボディの接続は、エポキシパテでムニュとして
安定した土台にしています。
サイドの窓も一段落としています。
この時点では、ルーフの扉を開けて、
宇宙飛行士が頭を出しているシーンにするつもりでしたので
屋根を大きく開口しています。

Edit / 2018.01.24 / Comment: 1 / Trackback: 0 / PageTop↑

TOYS UP!19号

カテゴリ: 未分類

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は新しい原型をたったの2個しか作ることができませんでした…
今年も年始からバタバタしており、2月のWFまでに新作を用意するのは
難しい状況ではありますが、年間を通しては去年より多くの造形に
取り組めるようにしたいと思っています。

さて、昨年末に出たTOYS UP!19号にて、
なんとネコワークスの特集を組んでいただきました。
STORY STORE
DSCN4006.jpg
表紙は改造を施したフジキャビンです。
DSCN3182_20180105161141d72.jpg DSCN3179_20180105161140281.jpg
DSCN3177_201801051610383b8.jpg
お気に入りの作品なので、きれいな写真を撮っていただき
感激しています。
DSCN4008.jpg DSCN4007.jpg
私が今まで製作したディフォルメミニカーの
ほぼ全種を載せてもらっています。
多くのページ数を割いてもらって恐縮。
機会がありましたら、ぜひご覧になってください。
ワンフェスにも持っていきますので、よろしくお願いいたします。

Edit / 2018.01.05 / Comment: 2 / Trackback: 0 / PageTop↑

モデラーズフェスティバル2017

カテゴリ: イベント

11月は大変忙しくて、バタバタを繰り返していたらもう師走!?
今さらなのですが、一か月前にモデラーズフェスティバル2017に参加しました。
毎年恒例、ネコワークスではディフォルメカーの展示とキットの販売、
プラモデル作品の展示をしました。
DSCN3842.jpg DSCN3844.jpg
プラダンのヤマコーさんの偶像祭壇を使用したので、
セッティングは実にスピーディー。見栄えも大幅アップ!
137車種が長さ900ミリの一卓にぴったり気持ちよく収まりました。
今回初めてミニカー以外を置きましたが、
ガンプラも1/144、1/100サイズなら実に見易い展示ができました。
DSCN3840.jpg DSCN3843.jpg
キャラクター、カーモデル、AFV、ジオラマと
バラエティに富んだ内容です。
DSCN3838.jpg DSCN3845.jpg
藤井君製作のマクロスと新作のジオラマも!大人気でした!
イベントはスペースもお客さんも確実に
大きく、多くなっていました。
今回も、とてもいい環境でみなさんに作品を見ていただくことができました。
ありがとうございました。

個人的に気になった作品。
DSCN3849.jpg DSCN3847.jpg
DSCN3833.jpg DSCN3832.jpg
DSCN3830.jpg DSCN3829.jpg
DSCN3828.jpg DSCN3827.jpg
DSCN3826.jpg DSCN3825.jpg
DSCN3823.jpg DSCN3824.jpg

また来年も絶対に参加したいと思います!

Edit / 2017.12.05 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

プロフィール

nekoworks

Author:nekoworks
FC2ブログへようこそ!
モノ作りが大好きです。
主にディフォルメミニカーを作って、ガレージキットイベント等に「ネコワークス」というディーラー名で参加しています。キットのお問合せはメール inoue@nekoworks.com までお願いします。
仕事では「アームクラフト」で様々な模型を製作しています。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター