プラダン製ひな壇

カテゴリ: イベント

今回のワンフェスから展示用のひな壇を新しくしました。
前回までの数年はスチレンボードで自作したものを使用していました。
軽くて、バラすと最小限の大きさになるのはいいのですが、
ガムテープでの組み上げ、分解に手間がかかり、
搬入、搬出に時間を取られる事がネックでした。

TOYS UP!17号にも書きましたが、
GKイベントに参加し始めてから30年以上、
これまで様々な展示台を模索してきました。
軽くて、丈夫、安定していて、コンパクトになる。
その時々にあらゆるものを試し、
実戦投入してきた最終結果がスチレンボード製だったのです。

2016冬のWFで株式会社ヤマコーさんの
偶像祭壇シリーズというプラダン(プラスチック製段ボール)の
展示台を拝見して、私の中でひな壇問題が解決しました。
スチレン製自作台における唯一の欠点であった
組立に時間がかかる問題を大幅にクリアていたからです。

KIMG0635.jpg
これは畳んだ状態です。奥行き、幅が600ミリの台ですので、
平面的にはそれなりに大きいですが、薄くてコンパクトです。
KIMG0639.jpg
組立は一つ2~3分で終わります。
折りたたまれた状態を拡げて、ツッパリ棒パーツを
切れ目に差し込むだけで形になります。
私は2卓全部を使用しますので、6個組立ましたが、
15分程度で完了しました。
精度もあるので、隣りと段ができることもありませんでした。
ただ、今回は上に布を掛けないことにしたので、
つなぎ目に隙間ができないように、
裏から数か所、ガムテープで固定しました。
完成品を並べるとこうなります。
DSCN3597_20170806164811baa.jpg 
四段タイプは私の用途ではぴったりサイズで、
今までの展示イメージを全く損なうことなく
リニューアルできました。
DSCN3592_20170806164737052.jpg
ヴィネット作品でも無理のない高さで、
小さ目のキット中心のディーラーさんには
非常に汎用性があると思います。
うっすらと見えるプラダンのスジも、
どこかメカニカルな印象で、カーモデルには
マッチしていました。

偶像祭壇シリーズには2段や3段、
色も黒のほか半透明、白、グレーなどがあります。
今回使用し、使い易さを実感しました。
オススメです!

Edit / 2017.08.06 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

ワンダーフェスティバルに参加してきました

カテゴリ: ワンフェス

ワンダーフェスティバル2017夏に参加してきました。
今回もネコワークス卓においでいただき、ありがとうございました。

今回のブース全景はこのような感じになりました。
DSCN3594.jpg
今回からひな壇が新しくなって、
とてもシャープな印象になったと思います。
新品なので、黒布は使用していません。
このひな壇については、また後日書こうと思います。

DSCN3592.jpg DSCN3593.jpg
ヴィネット作品はまとめて展示しました。

DSCN3595.jpg DSCN3597.jpg
横から見るとずらっと並んだ様子がとてもいい感じです。

DSCN3620.jpg
新作の二点も間に合わせることができました。

DSCN3602.jpg DSCN3601.jpg
DSCN3603.jpg DSCN3605.jpg
嬉しい事に、お客様から完成品を見せていただきました。
Zとミニです。ZはなんとジャンカーZ仕様!最高です!
共にミラーとワイパーを新造しあります。
一体成型だと、どうしてもミラーの立体感が失われますので、
非常に効果の高い改造ポイントですね。
美しい光沢仕上げでとてもきれいな仕上がりに感動しました。

DSCN3607.jpg DSCN3610.jpg
DSCN3613.jpg DSCN3611.jpg
もうお一方、サニトラとミニを見せていただきました。
サニトラはナショナル仕様です!
塗り分けとデカールで細部まで再現されたカラーリングが
すごいです!ミニも赤いボディにルーフの白が似合っていますね。

自分のキットのを使った作品を見せていただくことは、
最高の喜びです。本当にありがとうございました。

次回の冬にも新作が出せるよう頑張りたいと思います。





Edit / 2017.08.04 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

ワンフェス1017SUMMER

カテゴリ: ワンフェス

この週末、幕張メッセで開催されるワンダーフェスティバルに参加します。
今回のネコワークスの新製品は
№136 LR86series1
DSCN3528.jpg DSCN3530.jpg

DSCN3531.jpg DSCN3532.jpg

DSCN3533.jpg DSCN3534.jpg

DSCN3535.jpg DSCN3536.jpg
キットはタイヤが別パーツとなります。

№137 NDRS
DSCN3537.jpg DSCN3538.jpg

DSCN3539.jpg DSCN3540.jpg 

DSCN3541.jpg DSCN3542.jpg

DSCN3543.jpg DSCN3544.jpg
キットはダッシュボードとハンドルが別パーツとなります。
レジンキットで価格は各種1000円です。

この他にもいつものように従来品キット、サメキットを持って行きます。
卓番は 6-28-03 です。
よろしくお願いいたします。
 

Edit / 2017.07.28 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

NDロードスター原型完成

カテゴリ: ディフォルメカー

もう、作っている最中は必死で、
全然途中の写真を撮っていませんでした。
なんとか夏のワンフェスにならべることが出来そうです。
DSCN3473.jpg DSCN3474.jpg
NCのキットを芯にしてポリパテの盛り削りを繰り返し、
何度も投げ出しそうになりながら、
ようやく形になりました。
作り始めてから7か月程も経ってしまいました。
普通はこんなに時間がかかると止めてしまうことが
多いのですが、今までのロードスターと並べたいという
想いで頑張れました。

フロント周りは何度やり直したかわかりません…
どちらかというと、細くて鋭い印象のライト形状を
精悍なイメージは残しつつ可愛らしくするために
縦横比を変えた何通りもの型紙を貼りつけて検討しました。
本当はもっと細目にした方が似るのですが、
ディフォルメ感が薄れるので、このくらいに落ち着きました。
DSCN3476.jpg DSCN3475.jpg
表面の微妙なうねりやエッジが絡み合った
ボディの造形に苦労しました。
ディフォルメしても実車にあるそれらを
出来るだけ再現したいとこだわりましたが
上手くいったでしょうか。
DSCN3477.jpg DSCN3479.jpg
細部の工作はいつも通りに各種プラ材や
エポキシパテを使って作っています。
今回は、ダッシュボードとハンドルを別パーツにしたので、
運転席の奥行き感は増したと思います。
DSCN3480_20170708054918b59.jpg DSCN3481_20170708054919386.jpg
新しいモデルが出る度に作ってきたロードスター。
今までの原型を並べてみました。
こうして見ると、毎回、前モデルのキットを芯にして作ってきたので、
初代からの原型製作スパンが25年くらいあるにも関わらず
ディフォルメのバランスに統一感がありますね。
最初に作ったNAの可愛らしさが歴代引き継がれているようです。




Edit / 2017.07.08 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

ローバー原型完成

カテゴリ: ディフォルメカー

前回のワンフェスに間に合わず、
夏までかかってしまいましたが、
ランドローバーの原型ができました。
DSCN3455.jpg DSCN3454.jpg
86 シリーズ1を元にしていると思われる、
ひつじのショーンに登場する車が
とても好きなので、参考にしています。
ディフォルメモデルで大事な『顔』が上手くまとまったなと思います。
DSCN3456.jpg DSCN3457.jpg
キットではタイヤが別パーツになります。
DSCN3458.jpg DSCN3459.jpg
キャビンと荷台の大きさバランスはいつも悩みどころ。
やっぱり、トラックはいいな~

Edit / 2017.07.06 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

プロフィール

nekoworks

Author:nekoworks
FC2ブログへようこそ!
モノ作りが大好きです。
主にディフォルメミニカーを作って、ガレージキットイベント等に「ネコワークス」というディーラー名で参加しています。キットのお問合せはメール inoue@nekoworks.com までお願いします。
仕事では「アームクラフト」で様々な模型を製作しています。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター